お知らせ&ブログ

高松市の不動産売却、市場傾向の実態とは?

高松市(たかまつし)は、香川県の県庁所在地であり、四国の北東部瀬戸内海に面した場所に位置します。高松都市圏における中心都市であり、国からは中核市に指定されています。かつては国鉄の宇高連絡船が就航していた港町であり、四国を代表する玄関口となる都市です。

JR四国や四国電力などの本社がおかれ、また全国規模で営業を行う大企業の支社が置かれるなど、四国における政治や経済の中心になっています。

 

□高松市ってどんなところ?

 

平成の大合併により高松市はその規模を拡大しており、2005年時点での人口は約42万人、さらに高松市を中心とする高松都市圏人口は84万人となるなど、その人口は香川県の人口の過半数を占めています。

江戸時代には高松藩の城下町として繁栄しましたが、当時の高松城店主は明治時代に取り壊されて現在は残っていません。

近年では高松シンボルタワーが2004年に完成し、高松市のランドマークとして人気を集めています。

市内では現在大規模な再開発が行われており、その中心となる丸亀町商店街は活気あふれるマーケットとして様々なメディアに取り上げられました。

 

□不動産売却の動向

 

近年における不動産売却の市場動向については、都市部と地方では大きく異なります。

特に東京の一部など特定地域ではいわゆるミニバブルとなり、需要に供給が追い付かないことにより不動産価格が高騰しているのです。

一部の地方都市などでも需要の増加傾向が確認され、利便性に優れた地域では物件が不足気味となっています。

しかし、多くの地方都市では不動産価格の下落が続いており、交通が不便な地域や遠隔地では物件の売却そのものが難しい場合などもあるようです。

かつてバブル時代には日本全体の不動産価格が上昇したのですが、現在は地域格差が拡大していることが大きな特徴となっています。

 

□高松市の不動産売却は好調

 

高松市の場合にはいわゆる地方都市に該当しますが、不動産売却の市場動向については概ね好調だと判断することができるでしょう。

これは現在も発展を続ける地域で人口の流入や開発が続いており、今後もさらなる不動産需要の増加が期待できることが理由となっています。

さらに投資を目的としたアパートやマンションなどの不動産の需要も増加しており、これから不動産投資を始めたいという投資家の人にとっては狙い目だといえるかもしれません。

東京や大阪や名古屋などの大都市圏と比較すると、比較的安価で投資用不動産物件を購入することができます。ただし物件の立地条件に収益率が大きく左右されることになりますので、まずは実際に現地を訪れて物件を自分の目で確認することから始めてみてください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム