お知らせ&ブログ

高松市でマンションを売る際に注意|よく聞く抵当権って何?

「マンションを売却したいけど、同じ売るなら高く売りたい。」
「売却時の抵当権抹消手続きってなんだかややこしそう。」

このようなことを誰しもが感じたことがあると思います。
そこで今回は、マンション売却時の抵当権の意味とその手続きについて解説していきます。

 

□抵当権とは

まず、抵当権とはどのようなものなのか、というところから見ていきましょう。
抵当権とは簡潔にいうと、住宅ローンの担保のことです。
万が一自分の組んでいる住宅ローンが返せなかった時に、ローンの貸し手側が借り手側の担保、つまり住宅をもらうことを主張できる権利となっています。
マンションを売却する際には、この抵当権を抹消しておかなければ、自分や連帯保証人に責任がついて回ります。
また、抵当権がついたままのマンションには買い手をつけることができません。

 

□抵当権の抹消の流れ

抵当権の意味が分かったところで、次に抵当権を抹消する流れを見ていきましょう。
まず、抵当権の抹消には2つの方法があります。
ひとつは自分で抹消する方法。
もう一つが司法書士に頼んで抹消してもらう方法です。
順に見ていきましょう。

*自分で抹消する場合

自分で抹消する際にはいくつかの書類が必要です。
抵当権抹消書類、登録済証、抵当権抹消登記申請書、登録免許税です。
これらを記入し法務局まで持っていきましょう。
メリットとしては、司法書士に頼むよりも安価で済むということと、自分で抹消する手続きをするので、抹消できたという安心感を得られるということです。
デメリットとしては、書類の記入や法務局での手続きがややこしいという点があげられます。

*司法書士に頼む場合

司法書士に頼む場合には、先程と同じように、抵当権抹消書類、登録済証が必要です。
これと別に司法書士への追加料金がかかります。
これらをもって司法書士事務所へ向かうだけです。
こちらのメリットは、書類等の手続きを円滑に進められるという点があります。。
また、デメリットとしては、やはり個人の時と比べて費用が多くかかってしまうことがあります。

 

□まとめ

以上がマンション売却時の抵当権の意味と、その手続き方法です。
マンションの売却時には、さまざまな手続きや権利が絡んできてとても複雑です。
今回の記事を参考に、抵当権の手続き方法を検討してマンションの売却を円滑に進めていきましょう。
また、記事を見て少しでも気になる点や疑問点がありましたら、ご気軽に弊社までお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム