お知らせ&ブログ

香川の不動産屋が紹介:売却予定の不動産物件の無料査定方法

「不要になった不動産物件を売りたい」
「無料で査定してもらう方法はどれがおすすめ?」
と疑問に思われる方もおられるでしょう。

一般的には、不動産の価値を知るために、それぞれの不動産会社による査定を通して、どれくらいで売却できるか判断していく必要があります。
査定には簡易査定と、現地査定の2種類に分けることができます。

今回は、無料でできる不動産価値の査定方法として、簡易査定と、現地査定の二つの方法について紹介させていただきます。

□簡易査定

まず簡易査定とは、不動産会社の方が現地の調査をおこなわずに、売却する予定の不動産の詳細などを参考にして査定をおこなう方法のことを言います。
簡易査定には、不動産の周辺で取引されている事例や、不動産会社の過去に契約された例、その年度の公示価格などを元に査定価格を計算して割り出します。

不動産の種類(一戸建てやマンションか)や住所、土地や物件の大きさ(面積)、建築されてからの年数などの基本的な情報を伝えるだけで、比較的容易に査定結果を算定することができるので、それぞれの不動産会社によって大きく査定結果に違いが生じるということはなく、ウェブを通して査定を申し込むこともできます。

売却主が不動産会社へ訪れたり、また不動産会社の方が売却物件の調査に訪問する必要はありません。
メリットとしては一次的に査定額を知りたいときに、簡単に不動産の価値を知ることができることが挙げられます。
一方で正確なデータを算定しにくいというデメリットが挙げられます。

□現地査定

簡易査定で使われている物件や土地の詳細を十分に参考にしながら、不動産の方が現地に訪れて調査をおこなって、現在の物件や土地の状況を加味した上で、査定の結果を出す方法のことを言います。
不動産の基本的な情報だけでは理解できない部分、すなわち土地の起伏や周辺の環境問題、インフラの整備状況や法規制に関する情報なども参考にされるため、現地査定は簡易査定よりも細かな結果を出すことができます。

□最後に

以上紹介した二つの査定方法は、それぞれの不動産会社によって価格面において、少しづつ差が生まれる可能性があります。
いくつかの不動産会社に査定をお願いして、査定額を何パターンか算出してもらって、それを参考に比較検討をすることをおすすめします。

今回は、無料でできる不動産査定の、簡易査定と現地査定の特徴について、また二つのそれぞれのメリットとデメリットについて紹介していきました。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム