お知らせ&ブログ

香川の不動産屋が紹介:不動産を即日売買する際に起こりうるトラブル

「不要な不動産を早急に売却してしまいたい」
早く不動産を売ろうと思うと、トラブルが起きると予想されます。
売却を急ぐ人に、起こりがちなトラブルとそれを避ける方法について紹介させていただきます。

□物件に関するトラブル

急いで不動産を売却する際に起こりうるトラブルとして、物件に関するトラブルが挙げられます。
不動産を買主に売却した後に見つかった不具合を、瑕疵と言います。

例えば、シロアリや水漏れや破損などが挙げられます。
例に挙げられるような瑕疵のトラブルが起こってしまう原因として、売却を急ぐあまりに、物件の瑕疵の存在に気づいていたけれど、事前に修理することなく不動産会社に出してしまうことにあります。

不動産の欠陥に気づいた時点で、修繕を先にすませてしまい、問題のない状態にしておくことがトラブルに巻き込まれないためにも良いですね。

一番おこなってはいけないことは、物件の状態を明らかにしないまま、不動産会社と契約してしまうことです。
できるだけ高値で売却したいからといって、売却の際に不利になるようなことを隠しておくと、後々にそれを買主に指摘された場合、損害賠償責任を受ける可能性があります。

その最悪の事態は、ぜひとも避けたいですよね。
そのためにも、売却の際はできるだけ不動産の特徴や状態の詳細を契約書に記載し、売主と買主が納得して契約をおこなうことが重要であるといえます。

□契約に関するトラブル

もう一つ挙げられるトラブルとして、契約に関するトラブルの紹介をします。
買主が、一度契約を交わしたにもかかわらず、個人的な都合で契約を解除してしまうという事例が多々あります。

契約を解除する場合には、買主に手付金を放棄してもらい、契約を解除します。
また、契約履行をすでにおこなっている段階で、契約解除の希望があると、契約違反になるため、違約金を請求することが可能になります。

しかし、一度決まった不動産の契約が解除になってしまうと、また初めから買主を探さなくてはいけません。
そうなると新たな費用の負担も増えてしまうので、契約の締結には慎重に相手を見極めることが重要になります。
早く不動産を売却してしまいたいという思いから、安易に契約を締結してしまわないように心がける必要があります。

□まとめ

今回は、早くに不動産を売却してしまおうと急ぐ人に、起こりがちな二つのトラブルとそれを避ける方法について紹介させていただきました。

不動産の売却を考えておられましたら、ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム