お知らせ&ブログ

不動産売却を行う際の契約方法。一般、専任契約の違いとは?

急な転勤や相続で住まいを売却しようと思って
仲介会社に相談に行くと「一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約のどれにされますか?」
いきなり知らない単語が出てくることが多いのはないでしょうか。
これらは大切な住まいを売却する契約です。
何も知らずに契約するのは不安だと思います。
そこで今日は住まいを仲介会社を通して売却する時の3つの契約を紹介します。

 

今日紹介する契約は媒介契約といわれるものです。
これは、どのように売却する住まいを宣伝するのかを決めるための契約です。
宣伝方法というのは、モノを売る時に大変重要になってきます。
それは住まいでも変わりません。
しっかりと各契約について知ってもらい、住まいを売却する際には一番良い契約を結んでください。

 

□一般媒介契約


この契約はこれからご紹介する3つの契約の中で最も売り手の自由度が高い契約です。

 

自由な反面、効果が薄かったり売り手の手間がかかる場合があります。
しかし、その分周りの会社に影響されることなく売却できます。

 

*内容
1つ以上の不動産会社と媒介契約を結べます。
媒介契約を2つ以上の会社と結ぶ場合は、その会社以外に媒介契約を結んでいることを伝える必要があります。
売り手本人が買い手を見つけて売却することも可能です。

 

*メリット
複数の不動産会社と媒介契約を結べます。

 

□専任媒介契約


この契約は3つの中で丁度真ん中のような自由度の契約です。

 

売却のために使う会社は1つに決められてしまいますが、会社ではなく売り手本人が買い手を見つけることができるので多少の自由度があります。

 

*内容
契約を結べる会社は1社のみです。
不動産会社は週に2度のペースで状況の報告をしなければいけません。
売り手が買い手を見つけて売却することも可能です。

 

*メリット
不動産会社は、売り手を見つけると利益が発生する確率が高いため、不動産会社の販売モチベーションに繋がります。
営業経費を支払う必要はありますが、売り手が買い手を見つけることも可能です。

 

□専属専任媒介契約


3つの契約の中で最も自由度が低い契約です。

 

契約した会社からの買い手としか取引できません。
その反面、会社の営業のモチベーションは高いので売れやすいとも捉えられます。

 

*内容
契約を結ぶ会社は1社のみです。
不動産会社は1週間に1度のペースで状況の報告をしなければいけません。
売り手が買い手を見つけて売却することはできません。

 

*メリット
状況の報告が週に1度のペースで届きます。
不動産会社は売り手を見つけると確実に利益が発生するので不動産会社の販売モチベーションが専任媒介契約より更に高くなります。

 

□まとめ


*急いで売る必要があるかないか
急ぎであれば「専属・専任媒介契約」を選び、急ぐ必要がないのであれば、「一般媒介契約」を選びます。

 

*不動産会社を通さずに自ら買い手を見つけられる可能性があるかないか
見つけられそうであれば「専任媒介契約」を選び、見つけられそうでなければ「専属専任媒介契約」を選びます。

 

この順番で考えるのがおすすめです。
住まいの売却なんて人生でそう何度もあることではありません。
しかし、売却しなければならないこともあります。
いつ訪れるか分からない売却に備えてこのような3つの契約があることを覚えておくといいでしょう。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム