お知らせ&ブログ

不動産売却にかかる仲介手数料とは?その計算方法もご紹介

不動産の売却を検討されている方にとって、不動産の資産価格は気になる点かと思います。
不動産売買にかかる費用には「仲介手数料」があります。

仲介手数料は、不動産の売買契約が結ばれた際に不動産仲介会社に支払う料金のことを言います。
この仲介手数料は、不動産仲介会社によって設定金額が異なりますが、法律によって上限が決められていることが特徴です。

今回は、仲介手数料が発生する仕組みについて説明し、仲介手数料がどのような計算で算出されるのかについてご紹介します。

・仲介手数料とは?

不動産仲介会社は、不動産の売り主と買い主の間の契約を取り次ぐ役割を果たしています。
その際に発生するのが仲介手数料です。

仲介手数料は宅建建物取引業法において上限が規定されており、不動産仲介業者はその上限までで自由に手数料を設定できます。

・仲介手数料の計算方法

仲介手数料は売買する不動産の価格によって異なります。

200万円以下の場合→5.4%
200万円を超え400万円以下の場合→4.32%+21600円
400万円を超える場合→3.24%+64800円

消費税を含まない売買価格から不動産手数料を計算できます。

例えば、100万円の売買価格の不動産に関しては、100万円×5.4%=54000円、300万円の場合は300万円×4.32%+21600円=151200円、1000万円の場合は1000万円×3.24%+64800円=388800円が不動産仲介会社が設定できる仲介手数料の上限となります。

なかには、上限を超えた仲介手数料を請求するといった違法行為を行う業者も存在するので注意が必要です。

・仲介手数料がかからない?不動産買取とは?

このように、不動産仲介業者が買い主と売り主を仲介して売買契約を成立するのに対して、不動産会社が不動産を直接買い取るという方法もあります。
不動産仲介で行われる契約が売り主と買い主の契約であるのに対し、不動産会社が買い取る場合、売り主と不動産会社の売買契約となります。

不動産仲介では、売り主が売りたい物件を不動産会社が広告を出して買い主を探しますが、不動産会社が直接不動産を買い取る場合、よりスピーディーに取引を行えます。
さらに、仲介手数料を売り主に請求することがありません。

・最後に

不動産を売却するとき、取引にかかる代表的な費用が仲介手数料です。
その仕組みや法律で定められている計算方法を理解して、悪徳な仲介会社で取引を行わないよう注意しましょう。

株式会社Lifeスマイルでは買い取りによる売却を行っています。
売却にかかるコストや時間が少ない方法なので、売却をお考えの方はぜひご検討ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム