お知らせ&ブログ

不動産売却にかかる平均期間を知っていますか?仲介よりも買取がおすすめ

「すぐに自宅を引き払いたい」
「現金が必要ですぐに不動産を売りたい」
このような場合は、不動産仲介業者に依頼するよりも不動産買取業者に依頼する方がおすすめです。

今回は『不動産仲介業者を利用したときの売却までの平均期間・不動産買取』について解説します。

■不動産仲介業者との契約

不動産仲介業者を利用する場合に、どのような条件で不動産の売却活動を行うのかといった内容を決めた「媒介契約」を行います。

この媒介契約には「一般媒介契約」・「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」の3つの種類があり、専任媒介契約及び専属専任媒介契約の契約有効期間は法律で3か月以内と定められています。

また、一般媒介契約の場合でも、約款に3か月以内と定められている場合が多く、一般的に仲介業者との契約期間は3か月だと言えます。

■不動産仲介業者利用時の売却までの流れと平均期間

1. 不動産査定・不動産仲介業者との媒介契約

査定を依頼して仲介業者を選び、決まったら媒介契約を行います。
一概には言えませんが、査定から契約までに3週間程度必要になります。

2. 売却のための仲介活動・購入希望者との交渉・売買契約

契約した仲介業者がお客様に物件を紹介してくれます。
購入希望者が現れたら価格などの交渉を行い、双方が合意すれば実際に売買契約を行います。
物件にもよりますが1月から3か月かかります。

3. ローン融資審査を待って決済と引き渡し

買主の住宅ローン審査に時間がかかるために、売買契約から長くて2か月かけて決済と引き渡しを行います。

このように不動産仲介業者と媒介契約を結ぶと、査定を依頼してから実際に代金を受け取るまで合計で3か月から半年程度かかってしまいます。

■不動産買取とその流れ

すぐにお金を受け取りたい場合は、不動産の買取を行っている業者に依頼しましょう。
この場合、不動産を受け取るのは個人ではなく依頼する会社であるため、買い手が見つかるまで待つ必要がありません。

買取の流れは「査定」・「売買契約」・「決済と引き渡し」の3ステップで手続きも簡単です。
買取の場合は当日査定、最短で3日で決済を行えます。
不動産の売却に時間と手間をかけたくない、すぐに売却したい方には不動産買取が非常におすすめです。

 

以上が『不動産仲介業者を利用したときの売却までの平均期間・不動産買取』についての解説でした。より早く不動産を売却したいという方は不動産仲介業者ではなく、不動産買取業者を利用してみてくださいね。

当社の買取業務では不動産本体だけでなく外構部や庭の樹木など細かい箇所まで査定を行い、数日で代金をお渡しできます。
急いで不動産を現金化したい場合には、ぜひ当社にご連絡ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム