お知らせ&ブログ

住宅ローン残債ありのマンション売却をするための3つの方法

「ローンが残っているマンションは売れるのか」
「マンション売却時のローン残債を処理する流れを知りたい」
ローンが残っている状態でマンションを売却することは実際に可能です。

今回は『ローンが残っているマンションを売却する方法』について解説します。

■ローンが残っているマンションを売却する方法

ローンの残高が残っているときにマンションを売却するには、ローン残高を全額返済してマンションの抵当権を失くしてもらう必要があります。

抵当権を消去して初めて、売却時に必要となる物件の名義変更手続きが可能になります。
売却代金をローン残高の返済に充てることは可能ですが、売却代金だけで補えない場合が大半です。

■売却金額でも足りないローン残高を補う方法

・方法1.「自己資金」

預貯金や定期預金がある方はそれらの自己資金で不足分を支払うことで、マンションを売却できます。
不足分は一括で用意しなければならない場合が多いため、分割支払いはできないと考えておくべきです。

・方法2.「買い替え時の住み替えローン」

住み替えローンとは、住宅を買い替える時に使用するローンです。
このローンでは、新しい住居のローンに以前のマンションのローン残債を追加できます。

ただし、金融機関への依頼・新居の購入・買取業者や仲介業者への売却依頼など複数の手続きを同時に行う必要があります。

また、このローンを使用できる人は比較的所得が多く、金融機関に返済能力が高いと判断された人だけです。

・方法3.「任意売却」

上記の2つの方法が使えず住宅ローンの支払いを滞納している人は、任意売却を考える必要があります。

住宅ローンの返済が滞ればローンを貸した金融機関はいずれ担保のマンションを競売にかけて少しでも未納分を回収しようとします。

ですが、金融機関が物件を競売にかける前に任意売却を行えば競売より高い金額でマンションを売却できます。

任意売却では、借入先の金融機関にこのままだと返済が難しいこと及び物件を売却したい旨を伝え、金融機関と協力して物件を売却します。

売却金額で回収できなかった残高はもちろん支払う必要がありますが、金融機関は返済能力に合わせて現実的な返済方法を提示してくれます。

 

以上が『ローンが残っているマンションを売却する方法』についての解説でした。

株式会社Lifeスマイルは、香川・高松エリアで不動産の買取業務・リフォーム業務を行っています。
当社の不動産買取では、仲介業者を利用した場合と異なり、購入希望者との交渉が不要なため各種手続きの簡略化が可能です。

すぐに売りたい物件をお持ちの方はぜひ当社にご連絡ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム