お知らせ&ブログ

不動産仲介業者で不動産を売却する時の仲介手数料とは?計算方法もご紹介

「不動産売却時の仲介手数料はどのくらいの金額なの?」
「不動産仲介業者の手数料をなくしたい」
このような希望をお持ちの方には、仲介手数料が不要で買い手が見つかるまで待たなくて良い不動産買取をおすすめします。

今回は『不動産仲介業者の手数料・不動産買取』について解説します。

■不動産仲介業者とは

不動産仲介業者は、不動産の売買または賃貸行為に関して当事者間の契約成立を仲介します。

一般的に、不動産を売却したいと考える多くの方は、不動産の契約や不動産そのものに対して深い知識を持っていません。
違法な契約や不当な契約を防止するために不動産取引に精通した不動産仲介業者の仲介が必要になってきます。

不動産仲介業者の利用には、「売買金額を交渉できる」・「気に入った人を選んで売れる」などの利点がありますが、「仲介手数料がかかる」・「買い手が見つかるまで現金が手に入らない」などの欠点もあります。

■仲介手数料の計算方法

不動産仲介業の手数料には法律で定められた上限があり、不動産の売買金額によって手数料上限額の計算方法が異なります。

・不動産の売買価格が200万円以下の場合

売買金額の5%が手数料の上限金額になります。

・不動産の売買価格が200万円より高く400万円以下の場合

売買金額の4%に2万円を加えた金額が手数料の上限金額になります。

・不動産の売買価格が400万円を超える場合

売買金額の3%に6万円を加えた金額が手数料の上限金額になります。
400万円で不動産を売却した場合、最大18万円の手数料が必要な計算になります。

また、実際の手数料には消費税率が掛けられます。

■不動産の買取とは?

購入希望者を探して契約を仲介するのではなく、不動産を扱う会社自体が売却希望の不動産を直接買取してくれる業者があります。

この場合は、仲介業者のオフィスにある物件のポスターに誰かが興味を持つまで待つ必要はなく、買取業者の査定後に売買契約を結び、すぐに代金を受け取れます。

さらに、仲介に必要な手数料も省けるので「引っ越しのために急いで不動産を売却したい」・「手数料を払いたくない」といった方におすすめです。

 

以上が『不動産仲介業者の手数料・不動産買取』についての解説でした。

株式会社Lifeスマイルは、香川・高松エリアで不動産買取業務を行っています。
当社の買取業務には仲介による売却と異なり、仲介手数料が発生しない・買い手が見つかるまで待つ必要がない・数日で現金化できるなどのメリットがあります。

即日不動産を売却したい方はぜひ当社にご連絡ください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム