2020年06月

香川県で不動産買取をする場合は買取の仕組みを知っておこう!

不動産買取の仕組みについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
どのような仕組みなのかについて知らずに買取してもらって後悔するのはいやですよね。
この記事ではどのような仕組みで不動産買取が行われているのかについて解説していきます。

 

□買取とはどのような仕組みなの?

ご存知の方も多いかもしれませんが、買取とは不動産会社に不動産を買い取ってもらうことを指します。
なぜ不動産会社が不動産を買い取ってくれるかというと、リフォームしてより高い値段で一般の買主を探して売却するためです。
そのため、一般的に仲介で売却する場合より買い取ってもらう際の価格の方が低くなりやすいでしょう。

しかし、仲介の場合は売却するまでに数ヶ月かかることが多いのですが、買取では、すぐに現金化できるというメリットがあります。
数ヶ月不動産を持ったままでいるのが嫌な人や、緊急ですぐに現金化したい方には、買取はとてもぴったりな仕組みだと言えるでしょう。

また、今後少子高齢化に伴い、新築よりも中古不動産の市場が伸びていくことが予想されます。
個人と個人が取引する場合は、瑕疵担保責任や、想定していなかったトラブルが起きてしまう可能性があります。
不動産会社が間に入ることで、そのようなことを防げるのも買取の仕組みの良いところです。

 

□買取の仕組みを利用すればどのようなメリットが得られるの?

大きく分けて2つのメリットがあるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

*計画通りに売却できる

先述したように、買取の場合は買主を探す必要がないので、マッチングするまでの期間待つ必要が無くなります。
例えば、急に転勤が決まった際には、このタイミングまでに住む場所を決めたいという状況になりますよね。
そのような場合にも、不動産会社に査定してもらい、計画的に売却できるのが大きなメリットだと言えます。

 

*リフォームなどの様々な手続きが不要

実は、不動産を売却する際には、手間のかかる手続きが必要になることが多いです。
例えば、リフォーム業者とやり取りし、仲介業者とやり取りするなどの手続きが必要になることがあります。
しかし、買取の場合はそれらの手続きが不要になります。
これらの手続きにかかる精神的な負担や時間的な負担は馬鹿にできません。
このように、用事や仕事に注力したい方にとって、大きなメリットがあります。

 

□まとめ

どのような仕組みで不動産買取が行われているのかについて知っていただけたでしょうか。
余計な手続きが不要で早急に現金化できるのが大きなメリットです。
これらを参考に不動産買取を依頼してみることをおすすめします。

 

香川県で不動産買取をしよう!買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくてもいい?

「瑕疵担保とはどのようなものなのだろう。不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくても良いのかな。」
このように、瑕疵とはどのようなものなのかわからない方もいらっしゃると思います。
そこで今回は「瑕疵とはどのようなものか」「不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負わなくても良いのかどうか」についてご紹介します。

 

□瑕疵担保責任の「瑕疵」について解説します

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、瑕疵とはキズや欠陥のことです。
不動産を買う予定の方は、注意深く物件を見ることになりますが、その際にささいな欠陥を見逃さずに指摘した場合は、不動産会社が少し価格を下げてくれます。
その場合は、欠陥があることを承知の上で購入することになるので、瑕疵があるとは見なされません。

しかし、注意深く見ても、蛇口の欠陥やシロアリ被害などには気付かないことが多いです。
そのような、普通に見ただけでは気付かない欠陥のことを瑕疵と呼びます。
また、近くに暴力団事務所があったり、対象の不動産が事故物件だったりする場合には、精神的な面での欠陥があるとされるので、これも瑕疵として取り扱われます。

 

*瑕疵担保責任とは?

瑕疵があった場合に売主が持つ責任のことを瑕疵担保責任と呼びます。
欠陥があったと知らずに売却した場合でも、売主は保証をする必要がある点に注意しましょう。
無過失責任といわれるもので、売主側が保証をすることになります。
そのような場合には、不動産を買った方が売主に対して、損害賠償や契約の解除などを請求できます。
修繕費や慰謝料をもらう、あるいは契約する前の状態に戻せるので、買主にとってはとてもありがたい制度だと言えるでしょう。

 

□不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負う必要はない

実は、不動産を不動産会社に買取してもらった場合には、先述した瑕疵担保を負う必要はありません。
買取の場合は、買い取った不動産を不動産会社がリフォームやリノベーション、ハウスクリーニングなどを行なってから再販します。
修繕した後なので、過失や欠陥に対して不動産会社が責任を負うことになります。
そのため、もし何らかの過失があったことが判明しても、売主には責任が生じないのが嬉しいポイントでしょう。

 

□まとめ

この記事でご紹介したように、不動産買取の場合は瑕疵担保責任を負う必要がありません。
そのため、安心して不動産を買取してもらえるでしょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

香川県で不動産買取をする前にどのくらいの期間がかかるのかについてご紹介します

不動産を売却する際にどのくらいの期間がかかるのかについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
売却できるまでの期間について知らずに依頼して大変な思いをするのはいやですよね。
この記事では、不動産買取をする際にどのくらいの期間がかかるのかについて解説していきます。

 

□不動産の売却にかかる期間はどのくらいなの?

まずは大まかな流れについて解説します。
一般的に、不動産を売却する際には、初めに調査が行われます。
その不動産にどのくらいの価値があるのか、どのくらいの値段で売れるのかを把握するために査定されます。
この査定でどのくらいの価格で売却できるのかをある程度把握しましょう。

次に、買主を探すというステップが必要です。
不動産会社に買主を探してもらうように依頼する、自分で探す、不動産会社に買取してもらうなどの選択肢の中から選びましょう。
最後に契約を結んで引き渡します。
これらのステップが大まかな流れなので、次にそれぞれの詳細について見ていきましょう。

 

*どのような調査が行われるの?

不動産の調査は、簡易査定と訪問査定の2種類あります。
簡易査定では、不動産会社が立地や大きさなどの公開されている情報をもとに、ある程度の価格を出します。
現地を訪問しないため、詳細を把握できないので、精度は少し荒くなってしまいます。
ただ、数日以内にある程度の査定金額を出せるので、大まかな金額を把握したい場合に有効でしょう。

訪問査定では、担当者が現地まで訪れて、公開情報にはない建物の特徴や周辺の雰囲気などを総合的に判断して査定してくれます。
訪問をすることになるので、一週間程度かかることがありますが、精度の高い査定金額を出してくれます。
これらの調査結果をもとに、売却する金額を決めていきます。

 

*買主を探すステップについて

通常であれば、買主を探す際に計画的にはいきません。
不動産は高い買い物なので、ご自身が所有されている不動産の雰囲気が気に入り、大金を払ってもいいと考える方が見つかるまで時間がかかります。
仲介の場合は、3ヶ月以上かかることもあります。
しかし、買取の場合はこのようなステップを踏まずにすぐに不動産会社に買い取ってもらえます。
そのため、忙しい方やあまり時間が取れない方は、買取を選ぶとよりスムーズに売却できるでしょう。
このように、契約して不動産を売却するまでに数ヶ月程度かかることがありますが、買取の場合は数週間という短期間で売却できます。

 

□まとめ

不動産買取をする際にどのくらいの期間がかかるのかについて知っていただけたでしょうか。
一般的に、売却する際には数ヶ月かかります。
しかし、買取の場合は数週間程度で売却できるので、忙しい方にはおすすめです。
これらを参考に不動産買取をしてみましょう。

 

香川県で不動産買取をお考えの方向けに注意点について解説します

「不動産買取をお願いしたいけど、どのような注意点があるのだろうか。」
香川県で不動産買取をお考えの方で、このようにお悩みの方は多いと思います。
なるべく失敗しないように買取したいですよね。
そこで今回は「不動産買取の注意点」についてご紹介します。

 

□不動産買取における注意点とは?

様々な事情で急遽不動産の買取をお願いすることになった場合、早急に依頼したい反面、焦って失敗してしまうリスクがありますよね。
そのような場合には、まずは注意点を把握しておく必要があります。
大きく分けて2つの注意点があるので、詳しく見ていきましょう。

 

*仲介の場合よりも買取価格が下がるかもしれない

不動産を売却する方法は仲介と買取の2種類があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、買取の場合は仲介よりも少し買取価格が下がる可能性があります。
買取してもらう場合は、その点を必ず覚えておきましょう。
買取の大きなメリットは、すぐに現金が必要になったり、すぐに引越しする必要があったりする場合に即売却できる点です。
なぜなら、不動産会社に買い取ってもらえるからです。

本来、不動産を売却する際には、売り手と買い手がマッチングする必要があり、早くても数ヶ月はかかることが考えられます。
そのため、すぐに現金化できない可能性が高いので、緊急時にはとても困ってしまうでしょう。
引越しや転勤などの急な都合がある場合には、早く現金化できる買取がおすすめです。
ただし、仲介で売却した場合よりも買取価格が2〜4割程度下がる可能性があるので、それを踏まえた上で選びましょう。

 

*買取してもらう際に必要な手続きを忘れずに行おう

相続した不動産や、まだ住宅ローンが残っている住宅を買取してもらう場合には、必要な手続きを忘れずに行いましょう。
もしご両親から相続した不動産である場合は、きちんと相続登記がされているか確認する必要があります。
相続登記がされていないと、その不動産の持ち主は亡くなった方の名義のままになっています。
不動産を買取してもらう際にはその不動産の名義がご自身のものになっている必要があるので、事前に相続登記をしたかどうか確認しておきましょう。

また、住宅ローンが残っている場合には、返済資金を用意しておく必要があります。
住宅ローンを組んで購入した住宅には、通常抵当権がついているため、買取してもらえません。
買取してもらうためには、ローンの残りを一括で返済する必要があるので、ある程度の資金を用意しておきましょう。

 

□まとめ

今回は「不動産買取の注意点」についてご紹介しました。
この記事を参考に、失敗しない不動産買取を考えてみてはいかがでしょう。

 

香川で不動産買取をご検討の方へ!よくある悩みについて不動産買取業者が解説!

「不動産の買取を検討しているけど、よくわからないな」
「みんなどんなことを悩んでいるのだろう?」

不動産買取をご検討の方で、このようにお考えの方がいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回は、不動産買取でよくあるお悩みについてご紹介し、その解決策も解説します。
不動産買取をお考えの方、必見です。

□不動産買取におけるよくあるお悩み

実際に買取を決定する前に、買取査定を行う方が多いはずです。
「買取査定を依頼したら、必ず売らないといけないの?」
と、疑問に感じる方も多いですよね。

答えとしては、買取査定が買取に直結することは一切ありません。
査定額をもとに、買取するかしないかを決めるのはお客様自身です。
ぜひ安心して買取査定をご利用ください。

また、近隣住民に知られることなく売却したいと考える方も多くいらっしゃいます。
「ご近所に知られずに家を売れるのだろうか?」
と、疑問に感じるでしょう。

答えとしては、可能です。
不動産仲介の場合は、買い手を見つけるために広告を作って広める必要があります。
しかし、買取の場合は不動産業者が家を購入してくれるので、広告を作る必要がありません。
そのため、ご近所に気づかれることなく家の売却ができます。

さらに、「住み続けながら、買取を進めても良いのだろうか?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。

結論から言えば、買取の場合は、家に住み続けながら買取の手続きを進められます。
家を売り出す場合は、買主が家の内覧に来る可能性があります。
実際に家を購入するために、長い間内覧をする場合もあるので、住み続けることに抵抗を感じるかもしれませんね。
買取の場合は、不動産業者による査定などが行われますが、さほど時間がかからないので抵抗感が少ないでしょう。
買取に出す方の多くは住み続けながら売却を進めているので、ご安心ください。

買取を進めていくうえで、
「家にある要らない家具や家電の処分はどうしたら良いのだろう?」
というお悩みをよくお聞きします。

不動産の売却では、空き家で引き渡すのが一般的です。
そのため、不用品の処理はお客様自身で行っていただく必要があります。
大型家具の処分方法としては、リサイクルショップに売ることや、引っ越し業者に引き取ってもらうこと、家具を購入した量販店に依頼してみることなどが挙げられるでしょう。
大型家具の処理は意外と時間がかかるので、注意しましょう。
買取の際に、不動産会社に相談してみるのがおすすめです。

□まとめ

今回は、不動産買取におけるよくあるお悩みについてご紹介しました。
少しでも皆様の疑問やお悩みが解消できたら幸いです。
当社では、無料相談を実施しております。
香川で不動産買取をお考えの方は、ぜひ一度当社へお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム