2020年02月

不動産売却の際に気をつけることは?香川の専門業者が解説します!

「不動産売却をする予定だが、初めてで不安だ」とお困りの方はいらっしゃいませんか。
不動産売却の際には、気をつけるべき注意点が多くあります。
それらを抑えておくことで、不安は解消されます。
不安を解消して売却を成功させたいですよね。
そこで今回は、不動産売却の際に気をつけることを香川の業者が解説します。

□不動産を売り出すまでの注意点

不動産売却の際、不動産を売り出すまでにもさまざまな注意点があります。
不動産を売却する際に、まず行うことは不動産の相場の調査です。
その際に注意すべき点があります。
不動産の価格は、不動産会社に価格査定を依頼して知ります。
しかし、それより前に自分で調べておくことがおすすめです。
周りにある似た物件や、過去の取引データなどを参考に価格を調べましょう。
この際に、できるだけ多角的に調べるのが重要です。
不動産を売り出すまでに注意すべき点は、もう一点あります。
不動産会社とは、媒介契約というものを結びます。
媒介契約とは、不動産の売却を行う際に、不動産会社がどのように売買を行うのかといったことを取り決める契約です。
媒介契約には3種類あります。
それぞれ、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と呼びます。
それぞれには特徴があります。
媒介契約を結ぶ際に、自分の状況や物件に合わない契約を結ばないよう注意しましょう。

□不動産を売り出してからの注意点

不動産を売り出してからも、さまざまな注意点があります。
そのうちの1つが、内見の際の注意点です。
不動産に興味がある人が現れたら、実際に物件を見学してもらいます。
その際の注意点です。
内見の際は、できるだけ綺麗にしておきましょう。
内見の際に不動産が綺麗でないと、悪い印象をもたれてしまいます。
そのような事態を避けるために、綺麗に掃除してからの内見を心がけましょう。
また購入希望者が見つかり、売買契約を結ぶ際にも注意点があります。
特に、手付金の金額については注意が必要です。
一般的に手付金は、総額の1割を受け取ります。
しかし最近では、それよりも少なめに受け取ることも多いです。
手付金は、売却における保険の意味合いも込められています。
そのため、できるだけ1割は受け取っておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、不動産売却の際に気をつけるべきことを解説しました。
不動産売却の際には、さまざまな注意点がありました。
さまざまな注意点を1つ1つ抑えて、不動産売却を成功させましょう。
不動産売却でお困りの際には、この記事を参考にしてください。

香川で不動産売却をお考えの方へ!不動産売却の流れについてご紹介します!

「不動産売却の流れがわからない」とお困りの方はいらっしゃいませんか。
何度も不動産売却を行っている人は少ないです。
そのため、不動産売却について何もわからなくて不安だという方は多いです。
しかし、不動産売却は流れを知ればスムーズに行えます。
そこで今回は、不動産売却の流れについて香川の業者が紹介します。

□不動産を売り出すまでの流れ

不動産売却では、突然不動産を売り出すわけではありません。
不動産の価格を決めたり、仲介してくれる会社を選んだりするところから始まります。
まずは、不動産の売り出し価格の相場を調べます。
不動産の相場は調べないとわからないものです。
相場を知ることで、スムーズに取引が行えます。
そして、仲介してくれる会社を探します。
不動産を売却するときには、不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。
仲介を依頼したら、物件の価格を査定してもらいます。
そして、準備が整ったら不動産を売り出します。
この際に売り出し価格を決めます。
不動産の売り出し価格は、適切でないと不動産が売れません。
誰も割高の不動産には手を出さないため、高すぎる場合は不動産を売れません。
また、安すぎても不動産は売れません。
なぜなら、安すぎると事故物件と疑われてしまうからです。
不動産売買では値下げをすることが多いです。
そのため、値下げ前提で少しだけ高めに価格を設定しておくのがおすすめです。

□不動産を売り出してからの流れ

不動産を売り出してからも、手続きが多くあります。
まずは、宣伝活動です。
不動産会社に仲介を依頼している場合は、不動産会社が宣伝を行います。
宣伝活動の他にも、不動産を気になる人が現れたら、内覧を行うのがおすすめです。
購入希望者が現れたら、売買条件を交渉します。
交渉の際に、物件情報を開示します。
売り手と買い手双方の合意が取れたら、売買契約を結びます。
売買契約は不動産会社の事務所などで、専門家立ち会いのもと行うのが一般的です。
この時に、手付金として不動産の価格の一部を受け取ります。
契約内容に間違いがなければ、不動産を引き渡して完了です。
不動産の引き渡しは、鍵を手渡すことで物理的な引き渡しとなります。

□まとめ

今回は、不動産売却の流れについて紹介しました。
不動産売却には、さまざまな手順がありました。
初めての方は戸惑うことも多いです。
しかし流れを把握しておくことで、スムーズに売却が行えます。
不動産売却の流れについてお困りの際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

相続財産管理人制度で不動産売却ができるまでの期間は?香川の専門業者が解説!

「相続財産管理について詳しく知りたい」
「相続された不動産を買いたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
相続財産管理は、聞きなじみのない制度ですよね。
そのため、内容が全くわからないという方もいらっしゃいます。
そこで今回は、相続財産管理人制度での不動産売却について香川の専門業者が解説します。

□相続財産管理人とは

人が亡くなった時に、その人の遺産は相続されます。
遺産は、あらかじめ決められた相続人に相続されます。
しかし、まれに相続人が決まっていないケースがあり、これには、いくつかの種類があります。

まずは、天涯孤独で亡くなった場合です。
相続人が全くいないため、その後の手続きができません。
またそのほかに、相続の権利がある人が、全員相続を放棄した場合などがあります。

このような場合、残った財産はどのようになるのでしょうか。
もちろん、持ち主が不明なまま、残り続けるわけではありません。
このような場合は、相続財産管理人の出番です。
さまざまなケースで適用されます。

例えば、相続されなかった財産を管理しなければいけなくなった場合です。
相続していないのにも関わらず管理する場合、自分の物ではないためぞんざいに扱えません。
そのため、他の人に任せた方が楽になります。

また、債権の契約があった場合です。
返さなければいけない物を、返さないまま亡くなった場合、貸した側は損をしてしまいます。
そんな時に、亡くなった人と契約をしていた人との間に入って、財産についての処理をする人が必要になるのです。

□売買契約締結ができるようになるまでの期間

相続財産管理人により相続された不動産は、一定の条件をクリアすれば、売買契約を締結できるようになります。
相続財産管理人の権限は、法律により制限されています。
売買契約の締結は、権利の範囲外なので家庭裁判所の許可が必要です。

相続財産管理人制度では、3回の公告を経て売買契約が可能になります。
1回目と2回目の間に2ヶ月、2回目と3回目の間に2ヶ月の期間が必要です。
さらに、3回目に行われる相続人捜索の公告に6ヶ月必要です。
そのため、売買契約をするためにはこれだけの期間が必要になります。

□まとめ

そこで今回は、相続財産管理人制度での不動産売却について解説しました。
相続財産管理人制度では、かなりの期間を要しました。
また、手続き自体も複雑です。
もし相続財産管理人制度を利用しての不動産売買をご検討の場合は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

不動産売却の必要経費の内訳は?香川の専門業者が紹介します!

「不動産売却の必要経費が知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を売却する際に、現金を確保したいと言う理由がある方は多いです。
しかし、売却活動には経費がかかります。
何に経費がかかるかくらいは把握しておきたいですよね。
そこで今回は、不動産を売却する際の経費の内訳を香川の業者が紹介します。

□不動産売却の経費の内訳

不動産売却には、意外と多くの費用がかかります。
その大まかな内訳は、仲介手数料、印紙税、登記費用です。
実際にいくらくらいかかるのでしょうか。
細かく確認しましょう。

*仲介手数料の詳細

不動産を売却する際には、不動産会社に仲介を頼む方が多いです。
もちろん、自分一人での売却も可能です。
しかし、売却は専門家に任せた方がうまくいくケースが多いと言えます。
そのため、特にアテがない場合は、仲介を依頼します。

不動産会社は、不動産売買の活動を代わりにやってくれます。
不動産を売買するためには、宣伝をしなければいけません。
主に、その宣伝活動を代わりにしてくれます。
その対価として、報酬を仲介手数料として支払います。
仲介手数料は、成功報酬で支払います。
そのため、不動産を売った利益から引かれるイメージです。
仲介手数料は不動産が売れた利益により異なります。

例えば販売手数料が400万円の場合、販売価格×3.24%+6万4,800円の計算式で求められます。
この場合の手数料は、約20万円です。

*印紙税の詳細

不動産が売れたら、売買契約をします。
その際に、契約書が必要です。
その契約書には、収入印紙を張らなければいけません。
この、収入印紙に印紙税がかかります。
印紙税も、利益によって金額が変わります。

不動産の販売価格が、50万円以下の場合、1000円以内で済みます。
しかし、5000万円を超えると3万円、1億円を超えるとそれ以上になります。
販売価格に比べると大した額ではありませんが、必ず支払わなければいけないため、把握しておきましょう。

*登記費用についての詳細

登記費用とは、抵当権を抹消するための費用です。
登記自体にはそこまで費用はかかりませんが、一般的に登記は司法書士に依頼します。
その依頼の際に費用が発生します。
依頼手数料は、1万円程度が相場です。

□まとめ

今回は、不動産を売却する際の経費の内訳を紹介しました。
不動産売却にはさまざまな費用がかかりました。
この他にも、引越し費用などがかかる場合があります。
自分がどのような環境で不動産を売却するのかによって、費用総額を見極めましょう。

香川県で不動産売却をお考えの方必見!一戸建ての必要書類を解説します

「不動産売却の必要書類って何種類あるのだろう?」
「一戸建ての必要書類はいつまでに提出したら良いのだろうか?」
このように、不動産売却に関する必要書類を知らない方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、香川県にお住まいの方に向けて不動産売却の中でも一戸建てに関する必要書類を解説します。

□一戸建て売却の必要書類とは?

一般的に不動産売却に必要な書類は多くあります。
今回はその中でも一戸建て売却の必要書類で、確実に用意しなければならない4種類の書類について詳しく解説していきます。

*身分証明書

一戸建て売却の時には身分証明書が必要です。
身分証明書には1点で身分証明を行えるものと、2点必要な身分証明書があるので注意しましょう。
1点で身分証明を行えるものは自動車運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、写真付き基本台帳カード、写真付き身体障害者手帳の5種類です。
可能な限り上記の1点で身分証明を行えるものを身分証明書として使用することをオススメします。
もしも上記の身分証明書がない場合は国民年金手帳、印鑑証明書、健康保険被保険者証などの写真がない身分証明書の中から2点用意しましょう。

*実印と印鑑証明書

実印とは住民登録をしている市区町村の役所や役場に、ご自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことを言います。
この印鑑が本物か証明するための書類が印鑑証明書です。
印鑑証明書は代理人が発行できますが本人が役所や証明サービスコーナーの窓口で発行してもらうことをオススメします。
その時に必要なのが、マイナンバーカードまたは印鑑証明書、本人確認書類、手数料300円です。

*登記済権利書、または登記識別情報

登記済権利書、または登記識別情報は売却予定の不動産の所有者を証明する書類です。
一戸建ての購入をした時に法務局から発行されている書類です。

*固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

固定資産税納税通知書は毎年1月1日に不動産の所有者に対して送られる書類です。
固定資産税は毎年1月1日時点の不動産の所有者が支払うことになっています。
そのため、残存期間分の固定資産税を売主と買主で分割するための必要書類です。

□まとめ

今回は、香川県にお住まいの方に向けて不動産売却の中でも一戸建てに関する必要書類を解説しました。
当社では、不動産売却についてのご相談を随時受け付けております。
不動産売却の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム