2019年11月

香川の方必見|不動産売却のメリットとデメリットを解説

「不動産売却にはどのようなメリットがあるのかな。」
「不動産売却を行うメリットやデメリットについて詳しく知りたい。」
不動産売却という言葉は聞いたことがあっても、どのようなメリットやデメリットがあるのか知らないという方は多いのではないでしょうか。
また、不動産売却を検討している方も詳しくメリットやデメリットを知っておくことは大切です。
そこで今回は、不動産売却のメリットやデメリットについて香川の方に詳しく解説します。

 

□不動産売却のメリット

不動産売却には多くのメリットがあります。
そこで、一般的なメリットについて解説します。

*資産を運用できる

不動産売却で一番のメリットは、現金化できることです。
現金化できれば、資産を運用することが容易になります。

*維持費を払う必要がなくなる

不動産を維持するには、使用していなくても定期的にメンテナンスを行う必要があることはご存知でしょうか。
メンテナンスには、それなりの費用がかかります。
そのため、不動産を売却してしまえば、余計に維持費を支払う必要がなくなります。

*税金を軽減できる

不動産を複数所有していると、それだけ多くの税金が課せられます。
不動産を売却すれば、その分の税金を支払う必要がなくなります。

 

□不動産売却のデメリット

不動産売却にはたくさんのメリットがあることは理解いただけたでしょうか。
不動産売却は、比較的デメリットは少ないと言われていますが、少なからず存在します。

*再び手にするのは難しい

一度不動産を手放してしまうと、再び手にするのは難しいです。
売却を検討の際は、このことを頭に入れておく必要があります。

*売却にもいくらかお金がかかる

不動産の売却時にもお金がかかることはご存知でしたか。
売却には、譲渡所得税や仲介手数料が発生します。
これは、業者に前もって確認しておくことが重要です。

*手続きに時間がかかる

不動産売却を行う際は、予想以上に時間がかかります。
時間に余裕がある時期に行うことが大切です。

 

□まとめ

今回は、不動産売却のメリットやデメリットについて詳しく解説しました。
不動産売却では、デメリットよりもメリットの方が多いことを理解いただけたと思います。
不動産売却をご検討の際は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社は、お客様の明日の暮らしに笑顔をお届けするために日々尽力しています。
不動産業界と聞いてイメージされるようなしつこい勧誘を行うこともありません。
また、業界20年以上の専門家が対応するので、信頼も厚いです。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

香川の方へ|不動産売却にかかる消費税について解説

「最近増税したけど、不動産売却に影響はあるのかな。」
「不動産売却にかかる消費税や増税の影響について詳しく知りたい。」
不動産の売却をご検討の方で、消費税に関して不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
つい最近、消費税が10パーセントに上げられ、不動産売却に影響があるのか気になっている方も多いかもしれません。
そこで今回は、不動産売却にかかる消費税や増税の影響について香川の方に詳しく解説します。

 

□不動産売却で税金はかかるのか

不動産売却時にかかる消費税について解説します。

*土地に消費税はかからない

土地の売却や貸付には消費税はかかりません。

*建物は非課税の場合と課税される場合がある

事業者が事業として対価を得ることになる一戸建てやマンションの売却には課税されます。
しかし、個人間の建物の売買であれば課税の対象にはなりません。

 

□消費税が課せられる場合

個人間の建物の売買であれば課税の対象にならないことをお伝えしました。
しかし、不動産売却の際のサービスには税が課せられることがあります。
そこで、個人間の不動産売却にかかる消費税について解説します。

*不動産会社の仲介手数料

不動産売却を行うとき、不動産会社に仲介を依頼して行われることがほとんどです。
この際に生じる、仲介手数料には税が課せられます。
仲介手数料は、不動産の売却価格によって変わります。
しかし、法律によってその割合は決められていることは知っておくと良いかと思います。

 

□増税が不動産売却に及ぼす影響

消費税が10パーセントに繰り上げられ、不動産売却に影響を与えるのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
基本的には、増税は不動産売却にはほぼ影響がないと考えられています。
不動産取引には基本的に消費税がかからないからです。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる消費税や増税の影響について詳しく解説しました。
土地の売買には消費税はかからず、建物の売買では消費税がかかる場合とそうでない場合があることは理解いただけたでしょうか。
また、不動産売却において増税の影響はほぼないと考えられるので安心してください。
当社は、お客様の明日の暮らしに笑顔をお届けするために日々尽力しています。
不動産業界と聞いてイメージされるようなしつこい勧誘を行うこともありません。
また、業界20年以上の専門家が対応するので、信頼も厚いです。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

香川の方へ|不動産売却にかかる平均期間を解説

「不動産の売却を考えているけど、どれくらいの期間を要するのかな。」
「不動産をなるべく早く売りたい。」
不動産の売却をご検討の際、気になるのはかかる期間ではないでしょうか。
なるべく早く売りたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、不動産売却する際の平均期間について香川の方に詳しく解説します。

 

□不動産売却にかかる期間

不動産売却は、売りに出してから購入希望者が現れなくてはいけません。
相場より安ければ安いほど早く売れやすいし、相場より高ければ高いほど売れにくくなります。

 

□不動産売却が長引く原因

不動産の売れやすさは、立地や築年数によって変化しますが、他に考えられる原因も知っておいた方が良いです。
よくある原因を解説します。

*売り出しの時期

不動産を売りに出す時期も大切です。
一般的に、不動産は会社員の転勤や、学生の引越しなどが影響して春や秋が売れやすいと考えられています。
反対に夏や冬は売れにくいとされているので時期についても見直してみると良いかもしれません。

*競合物件が強い

売りに出した不動産の同じ地域で、駅に近く、築年数が浅いなどさらに良い住宅があると売れにくくなってしまいます。
そのような場合は、他の物件に比べて価格を下げるなどして差別化することが重要です。
しかし、ここで注意すべき点は安くしすぎるのは逆効果になるかもしれないということです。
購入者がさらなる値下げを期待してなかなか購入されなかったり、安くなりすぎて怪しまれたりして購入が引き伸びてしまう場合があるからです。

 

□不動産を早く売るためには

不動産を早く売るにはどうしたら良いか気になる方もいらっしゃるかと思います。
そこで早く売るためのコツを解説します。

*不動産をきちんと整備しておく

不動産周りの整備を行うことは非常に重要です。
建物の清掃や草むしりなどを行うことで売れやすくなります。

*売り出す価格を下げる

金額は安いほど売れやすくなります。
しかし、上記で解説したように安すぎても売れ残ってしまう場合もあるので適切な価格を設定するよう心がけましょう。

 

□まとめ

今回は、不動産売却する際の平均期間について詳しく解説しました。
不動産売却は、計画と根気が重要です。
早く高く売れる時期を狙って戦略的に行いましょう。
当社は、お客様の明日の暮らしに笑顔をお届けするために日々尽力しています。
不動産業界と聞いてイメージされるようなしつこい勧誘を行うこともありません。
また、業界20年以上の専門家が対応するので、信頼も厚いです。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

香川の方へ|不動産売却にかかる登記費用の負担を解説

「不動産売却にかかる登記費用について詳しく知りたい。」
「そもそも登記費用についていまいちわからないので詳しく解説してほしい。」
不動産売却をご検討の際、悩みの対象となるのは登記費用ではないでしょうか。
登記費用と聞くと難しく感じるし、あまりよくわからない方も多いと思います。
そこで今回は、不動産売却にかかる登記費用について香川の業者が詳しく解説します。

 

□登記費用とは

不動産登記費用とは、登録免許税登記簿謄本代、交通費などの総額、司法書士事務所に登記を依頼する際に、司法書士への報酬を加えた額のことをいいます。

 

□所有権移転登記と抵当権抹消登記とは

登録免許税には、2種類存在します。
所有権移転登記の登録免許税は、買主が負担することが、抵当権抹消登記の登録免許税に関しては、売主が負担することが商習慣となっています。

 

□抵当権抹消にかかる登記費用

売主には、抵当権抹消にかかる登記費用は不動産1軒につき1000円で、抵当権抹消代理手続きには15000円程度かかります。
買主の負担は、所有権移転に登録価格の2%、司法書士移転代理手続きに45000円程度です。

 

□不動産売却の登記で用意する書類

不動産の売却の登記には、所有権移転登記と抵当権抹消登記があることは解説しました。
この2つの登記には、指定された書類が必要です。

*所有権移転登記

所有権登記に必要な書類は、5枚から7枚程度です。
1枚目は、権利証で金融機関か保証会社が管理しています。
2枚目は委任状であり、司法書士に登記を委任していることを法務局に示すための書類です。
3枚目は印鑑証明書であり、登記申請日の3ヶ月前に発行されたものである必要があります。
4枚目は、固定資産税評価証明書です。
所有権移転の登録免許税算出のために必要です。
5枚目は顔写真付きの本人確認書類です。
パスポートや運転免許証を事前に用意しておきましょう。
6、7枚目は該当者のみ必要な書類です。
登記上の住所と現住所が違う場合には住民票が、農地の場合は許可証が必要とされます。

*抵当権抹消登記

所有権移転登記に加えて、金融機関が用意する書類が必要です。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる登記費用について詳しく解説しました。
当社は、お客様の明日の暮らしに笑顔をお届けするために日々尽力しています。
不動産業界と聞いてイメージされるようなしつこい勧誘を行うこともありません。
また、業界20年以上の専門家が対応するので、信頼も厚いです。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

香川で不動産売却をされる方必見!売却にかかる費用を簡単紹介!

「不動産売却を考えているが、売却に関する知識がない。」
「不動産売却に費用がかかるって聞いたけど、どんなことに必要なの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
不動産は資産の一部で、日本国内にも所有している方は多くいます。
しかし、不動産を所有していても売却をしたことのない方がいるのも事実です。
そんな方の場合、不動産売却に関する知識が少なく、急な売却が必要なときに対応しにくいはずです。
また、意外と知られていませんが、不動産売却には費用がかかります。
売却をするのであれば、トラブルを防ぐためにもそれらの費用の内容を理解してから売却をしたいですよね。
そこで今回は、不動産売却にかかる費用ついて紹介します。

 

□不動産売却にかかる費用とは

*仲介手数料

仲介手数料は、売却の仲介を依頼した不動産会社に支払うお金のことです。
売却の際には必ず不動産会社の仲介を依頼するため、支払いが必要になります。
売却価格の3%に6万円と消費税を上乗せした金額が支払い額です。
そのため、売却金額が高いほど、仲介手数料も高くなります。
しかし、仲介手数料は成功報酬であるため、売却ができなかった場合には支払う必要がありません。

*印紙税

印紙税は売買契約書にかかる税金のことです。
売買契約書には印紙を貼る必要があり、仲介手数料と同様に売却金額によって支払う金額も変わります。
しかし、ほとんどの場合、5千円から3万円程度の支払いで済みます。

*抵当抹消登記費用

抵当抹消登記費用は、不動産に抵当権を設定している場合にのみ必要です。
抵当権は売却をする際には抹消しなければならず、その手続きに費用がかかります。
一つの不動産につき、1千円と代理人依頼料を合わせた金額を支払う必要があります。

*譲渡益課税

譲渡益課税は、売却をして利益が出た場合にのみ支払う必要があります。
しかし、その金額は不動産の所有年数や売却金額によって変わるので分かりにくいです。
そのため、不動産売却の専門家に確認することをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる費用ついて紹介しました。
このように、不動産売却にはさまざまな費用がかかります。
もしこれから、不動産売却されるようでしたら、今回の記事を参考にして事前に費用を準備してください 。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム