2019年10月

香川で不動産売却をされる方必見!委任状の書き方をご紹介します!

「不動産売却をしたいけど、売却に関する知識がない。」
「代理人に不動産売却をしてもらうときの委任状の書き方ってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不動産を所有されている方は多くいて、売却も頻繁に行われています。
しかし、売却をしようとしても、なんらかの事情で売却を他人に委任する時があるかもしれません。
そんなときに必要なのが委任状です。
実は、委任状にはフォーマットがなく、書き方は各個人に任されます。
そのため何を書いたらいいのか分からず、困っている方も多いはずです。
そこで今回は、不動産売却の委任状に書く内容を紹介します!

 

□不動産売却の委任状に書く内容

*不動産の表示

委任状には、売却する不動産の表示項目を書く必要があります。
しかし、ここで注意すべきことは、登記事項証明書に記載されている所在地を書くことです。
住所を書いてしまうと、委任状の無効もしくは書き直しが必要になります。

*委任する権限

委任する権限は、明確に書きましょう。
この部分が不明確になると、代理人とのトラブルが発生につながる可能性があるからです。
価格交渉や売買契約締結の権限などは特に重要となるので、必ず書いておくようにしましょう。

*委任者の住所と氏名

氏名と住所の両方を書くことで、本人を特定しやすいようにします。
こちらの部分に関しては手書きで書くようにしましょう。
また、氏名の右横には押印する必要があります。

*代理人の住所と氏名

代理人の住所も委任者と同様に書くことが必要です。
印鑑についても押印を忘れないようにしてください。

*委任した日付

委任した日付は、基本的に委任状を作成した日を書きます。
しかし、委任した日が作成日よりも前の場合は、そのことについても書いておいてください。

*有効期限

有効期限は、代理人の権限の有効性を示すために必要です。
有効期限を書かない方もいますが、トラブルを防ぐためにも書いておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、不動産売却の委任状に書く内容について紹介しました。
このように、委任状に含めるべきことは多いです。
しかし、これらさえ含んでいれば委任状としては有効なので問題ありません。
もしこれから、代理人に不動産売却を依頼されるようでしたら、今回の記事を参考にして、委任状の準備をしてみてください。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

香川で不動産売却をされる方必見!売却の際にかかる税金をご紹介!


「不動産売却をしたいが、売却に関する知識が少ない。」
「不動産売却の際に注意するべきことってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
日本国内には不動産を所有している方が多くいて、売却もよく行われています。
しかし、不動産売却は意外と難しく、慎重に行う必要があります。
特に売却の経験がない方や急な売却が必要で焦っている方は要注意です。
せっかく売却するのであれば、失敗はしたくないですよね。
そこで今回は、不動産売却の際の注意点について紹介します。

 

□不動産売却の際の注意点

*不動産会社の選び方

不動産売却をする場合、不動産会社の仲介が必要です。
そのため、仲介を依頼する不動産会社を選ぶ必要があります。
しかし、この選び方を失敗すると、売却がうまくいかないことがあります。
それを防ぐためにも、いくつかの会社を比較して自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

*売り出し方

売り出し方によって、売却できるかどうかが決まるため、慎重に行う必要があります。
売り出し価格の決め方や広告の出し方などによって結果は大きく変わります。
そのため、不動産会社と話し合いを重ねて売り出し方を検討するようにしましょう。

*契約書の確認

売り手が決まると、不動産会社が用意した契約書を使って売買契約を結びます。
その際に、不動産会社が作成した契約書を利用するのですが、ここで注意が必要です。
契約書は何枚にもわたって細かい契約内容が書かれています。
読むのは大変かもしれませんが、自分の劣っていた内容と違う場合、後からトラブルになる可能性もあります。
そのため、契約前に内容を確認しておく必要があります。

*売却にかかる費用

売却には費用がかかることをご存知ですか?
不動産売却をすると、不動産会社に支払う手数料や税金などがかかります。
費用は売却価格によって変わりますが、必ずかかるものなのでその内容を確認しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、不動産売却の際の注意点ついて紹介しました。
このように、不動産売却の際にはいくつかの点に注意する必要あります。
しかし、これらの点にさえ注意しておけば、問題なく売却できるはずです。
もしこれから、不動産売却をされるようでしたら、今回の記事を参考にして、売却の方法を検討してみてください 。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

香川で不動産売却をされている方必見!売却の際の注意点をご紹介

「不動産売却をしたいが、売却に関する知識が少ない。」
「不動産売却の際に注意するべきことってあるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本国内には不動産を所有している方が多くおり、売却もよく行われています。
しかし、売却は意外と難しく、慎重に行う必要があります。
特に売却の経験がない方や急な売却が必要で焦っている方は注意が必要です。
せっかく売却するのであれば、失敗はしたくないですよね。
そこで今回は、不動産売却の際の注意点について紹介します。

 

□不動産売却の際の注意点

*不動産会社の選び方

不動産売却をする場合、不動産会社の仲介が必要です。
そのため、仲介を依頼する不動産会社を選ぶ必要があります。
しかし、この選び方を失敗すると、思うように売却ができないことがあります。
それを防ぐためにも、いくつかの会社を比較して自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

*売り出し方

売り出し方によって、売却できるかどうかが決まるため、慎重に行う必要があります。
売り出し価格の決め方や広告の出し方などによって結果は大きく変わります。
そのため、不動産会社と話し合いを重ねて売り出し方を検討するようにしましょう。

*契約書の確認

売り手が決まると、不動産会社が用意した契約書を使って売買契約を結びます。
その際に不動産会社が作成した契約書を利用するのですが、稀にその内容が間違っていることがあります。
読むのは大変かもしれませんが、自分の思っていた内容と違う場合、後からトラブルになる可能性もあります。
そのため、契約前に内容を確認しておくことをおすすめします。

*売却にかかる費用

売却には費用がかかることをご存知ですか?
不動産売却をすると、不動産会社に支払う手数料や税金などがかかります。
費用は売却価格によって変わりますが、必ず支払うものなので、その内容を確認しておくようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、不動産売却の際の注意点ついて紹介しました。
このように、不動産売却の際にはいくつかの点に注意する必要あります。
しかし、これらの点にさえ注意しておけば、問題なく売却できるはずです。
もしこれから、不動産売却をされるようでしたら、今回の記事を参考にして、売却の方法を検討してみてください 。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

香川で不動産売却を考えている方必見!売却の相場を知る方法をご紹介

「不動産売却を考えているが、売却する前に相場を知りたい。」
「不動産の相場ってどうやって調べられるの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不動産は財産の一部で、売却することでお金を得られます。
そのため、売却を検討する方は多いです。
しかし、不動産の売却はさまざまな情報を考慮して行う必要があり、皆さんが考えているよりも複雑です。
その中でも、不動産売却の相場は売り出し価格を決める基準となるため、知っておく必要があります。
そこで今回は、不動産売却の相場の調べ方について紹介します。

 

□不動産売却の相場の調べ方

*似た条件の物件と比較

最も簡単な相場の調べ方は、物件情報サイトでよく似た条件を持つ物件を探すことです。
物件情報サイトでは売り出し価格が表示されており、それによって大体の相場を知れます。
条件とは、築年数や間取り、最寄り駅からの距離などのことです。
しかし、全く同じ条件の物件が見つかることはないですよね。
その場合は、平米単価や周辺の他の物件などを参考にして相場を調べるようにしましょう。
また、サイトで表示されている価格はあくまでも売り手の希望価格です。
そのため、売り出し価格が相場と同じとは限らないので注意してください。

*公的な価格指標を調べる

公的な価格指標を調べるのも方法の一つです。
この価格指標には地価公示価格や基準値価格などがあります。
地価公示価格とは、毎年国土交通省によって公表される標準地1平方メートル当たりの価格指標のことです。
標準地は全国2万箇所以上あるので、売却を検討している物件の周辺にもあるはずです。
この標準地の地価公示価格を参考にすることで、相場は簡単に調べられます。
また、基準値価格は価格の調査地点や発表時期が地価公示価格と異なるため、互いに補完する役割を果たしています。
そのため、地価公示価格と基準値価格を合わせて参考にするようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、不動産売却の相場の調べ方について紹介しました。
このように、不動産売却の方法はいくつかあり、誰でも簡単にできます。
もしこれから、不動産売却をされるようでしたら、今回の記事を参考にして売却活動を進めてみてください。
そうすることで、納得のいく売却ができるはずです。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

香川で不動産売却をされる方必見!売却までの流れを簡単解説

「不動産売却をしようと考えているが、売却に関する知識がない。」
「売却するときの流れってどうなっているの?」
そんなお悩みや疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不動産は資産の一部で非常に価値があります。
そのため、一定期間所有したのちに売却する方も多いです。
不動産を所有されている方の中にはこれまでに売却をしたことがない方もいらっしゃるでしょう。
そんな方の場合、不動産売却に関する知識がないため、実際に売却をするときに困りますよね。
特に、売却がどのように行われるか知らないと不安かと思います。
そこで今回は、不動産売却の流れについて紹介します。

 

□不動産売却の流れ

*相場を調べる

最初に行うのが、不動産の相場を調べることです。
周辺地域の似た物件の売り出し価格を確認することで、所有している不動産の大体の売り出し価格をイメージできます。
また、相場を調べておくと、売り出し価格の設定で失敗するのを防げます。

*査定する

次に行うのが、不動産の査定です。
この作業は不動産会社にしてもらう必要があります。
査定価格は、売り出し価格の決定のための大切な基準です。
また、買い手との交渉の際にも必要になるので確実に行うようにしましょう。

*不動産会社と契約

不動産売却の場合、不動産会社を仲介する必要があります。
仲介契約には、一般媒介契約や専任媒介契約などいくつかの種類があります。
そのため、契約の種類を事前に把握しておくといいかもしれません。

*売却活動

売却活動は主に不動産会社がインターネットや広告などを利用して行います。
売却活動中は定期的な報告もしてくれるので安心して任せられるはずです。
しかし、買い手がなかなか見つからないときは売り出し価格の値下げが必要になるかもしれません。
その場合は、不動産会社側と話し合って変更するようにしましょう。

*売買契約

買い手が決まれば、売買契約を結びます。
契約に関しては不動産会社が手続きの準備をしてくれるので心配ありません。

*引き渡し

売買契約ができたら、あとは引き渡しをするだけです。

 

□まとめ

今回は、不動産売却の流れについて紹介しました。
このように、不動産を売却するにはいくつかのステップを踏む必要があります。
もしこれから、不動産売却をされるようでしたら、今回の記事を参考にして、売却の進め方を検討してみてください。
また、香川で不動産売却をしようと考えている方で、ご不明な点やお悩みがございましたら、ぜひ一度、当社まで気軽にご相談ください。
不動産売却に詳しいスタッフが皆さんのお問い合わせをお待ちしております。

高松で不動産売却をお考えの方必見!不動産売却で必要書類とは?

「不動産を売りたい!でも何が必要なのか分からない!」
「不動産売却の時の書類って何種類くらいあるの?」
「高松で不動産を売り出したいけれど、必要書類ってなんだろう?」
こうお考えの方は多いのではないでしょうか。
所有している不動産を売却するということは、とても大きな決断ですよね。
一般の方にとって、不動産を売り出すというのは、一生の間にあるかないかの経験ではないでしょうか。
そのため、慎重に売却を進めたい方が多いと思います。
今回は、不動産を売り出すにあたって必要となってくる書類についてご紹介したいと思います。


□不動産売却時の必要書類

不動産売却は、非常に大きな取引です。
そのため、取引を円滑に進めるためにも、必要な書類を事前に揃えることが何よりも大切であることは明白です。
ここでは、主な必要書類をご紹介します。

*物件のパンフレットやローン残高証明書

これらの書類は、不動産会社に所有している物件の売り出しを依頼する際に必要な書類です。
物件のパンフレットには、間取りや築年月など、物件の詳細な情報が記載されています。
そのため、売り出す前に用意することで今後の書類の準備が捗るでしょう。
また、ローン残高証明書は、ローンがあとどれくらい残っているかどうかを確認するために用意する必要があります。
ローンの残高によって、売却価格を決めることもあるため、重要な書類と言えます。

*印鑑証明書、住民票

これらの書類は、購入者が決定し、契約をする際に必要な書類です。
取引は全て実印のため、実印であるという証明のために印鑑証明書が必要です。
印鑑証明書は役所だけでなくコンビニでも発行できます。
住民票は、現在住んでいる住所と物件の登記が異なる際に必要な書類です。
一致していれば、取得する必要はありません。

*固定資産税評価証明書

この書類は、固定資産税を賦課するための基準となる評価額が記載されている書類です。
この書類は、物件の所有が変更される場合に必要です。
有効期間は3ヶ月しかないため、タイミングを見て取得しましょう。

主な書類を書き上げてきましたが、この様に多くの書類が必要です。
多くの書類を用意する必要があるので、1人で1から全て用意することはとても大変だと思います。
そのため、一度不動産会社に相談してきちんと確認した方が、トラブルなく取引がスムーズに進みそうですね。


□まとめ

今回は、不動産を売り出す際の必要書類について解説しました。
不動産を売り出す際にどのような書類が必要かご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に不動産売却を検討してみてはいかがですか。
当社は、香川・高松エリアに精通した不動産会社です。
また、不動産売却に必要な書類に関する知識が豊富なスタッフがあなたのお悩みの解決をお手伝いします。
香川・高松エリアで不動産売却をお考えの方や、不動産を売り出す流れについて詳しく知りたい方はお気軽に当社までお問い合わせください。

  • 水曜日・祝日 定休 AM10:00〜PM7:00
  • ご相談専用ダイヤル087-899-8811
  • Webご相談フォーム